Make your own free website on Tripod.com

バスフィッシングツアー情報


− 2001 GW  西の湖  −

トーナメント参加

(2001/05/06)


 はじめてのトーナメント参加。朝4:30集合なので深夜の出発となった。西の湖のほとりに着くとすでに沢山の車が駐車している。余裕をもって前泊する人や前日にプラを行う人も多いみたいだ。数十分ほど仮眠して目がさめるとあたりはアルミボートを降ろす人でいっぱい。私は貸しボート(足漕ぎ!)を借りていたので受付をすませ出発となった。

 西の湖は琵琶湖の南東にある葦に覆われた湖でスポーニングシーズンには連日50UPがあがるメジャーフィールドだ。普段は野池で20cm〜30cmのBASSを相手にしているため、なんとか自己ベストは更新したいとの思いで出発。まずは目の前の「葦の壁」をセンコーで探る。いつもの野池のように葦の隙間をみつけて奥へ奥へとキャストするが反応なし。4インチ+スピニングだとやや着水音が大きいかなと思い、2/3サイズにチョン切ってキャストを続ける。葦との距離、着水音ともベストかと思われたが反応はなく1時間くらい頑張ったがアタリも感じることはできず。

 トーナメント参加者のボートもしだいに散ってきたので、葦の通路を通り抜けひとけのない裏側へと向かってみた。このあたりはやや葦の密度が薄く適度なすきまもある。カラーを変えたりサイズを調整したりしてキャストをくりかえすが、風に流されどうしてもボートが葦により過ぎてしまう。葦により過ぎると必ずといっていいほど葦の根元がゆっくりと揺れ、何かが動いていく。このパターンで幾度となく場をあらしてしまった。葦が動いたときはすでに気配を悟られているわけで、その後キャストしても手おくれであるようだった...。

 その後、ベイトタックル+ラバージグでピッチングを試みるが、やはりしっくりとこない(経験不足!)のですぐにあきらめ、再び葦の反対側へもどる。リグをジグヘッドのスイミングに切り替え、飽きてきた葦際は無視し、オープンエリアへのキャストをくり返すが反応なし。朝早かったのでお腹が減ってきてしまいここで休憩

 


葦壁と葦柱






 
ぷかぷかと風に流されていると水中に沈む杭を発見。よくみると立ち木(ボロ杭?)を真ん中に一直線に並んでいる。そのままジグヘッドのスイミングでこの杭まわりにキャストをくり返す。時間は9:30ころか、ちょっと風が強くなってきて、すずしく感じてきたのですぐ先にみえるワンド(らしき場所=葦壁が直角に曲っている)へと船を進める。

船を進めていると葦の影からみえてきたのは「前田プロ&せバ姉妹」。背中にはハートのステッカー(?)が貼ってある。どうやって釣っているのだろうと観ているとギルがあがった模様。せバ姉妹はスピニングタックルで「ピシッ、ピシッ」と葦際にキャストを決めているみたい。ときどき歓声があがるがボートの後ろ側からなので詳しくはみえず。ただ使っているのはノーシンカーのようである。風に流され近くに寄ったので「BASSも釣れてます?」ときくと「釣れてる」とのこと。すでに「たくさん」釣っているみたい。「ノーシンカーですか?」ときくと「ノーシンカー。常吉でもなんでも釣れるヨ」との前田プロのアドバイス。「いるところにキャストすれば...」が前提。

 


足漕ぎボート


 カットテールを葦際にキャストしはじめるとすぐにアタリが。が、フッキングしなかった。アタリが来るのは葦際10cmセンチ以内にキャストできたとき。しかも葦の風のあたらない側の方が確率がよい(単にアタリの感じやすさかも..)。幾度となくアタリを逃しているところへ、前田プロたちが戻ってきたので再び聞いてみると「そのアタリはギルだよ」とのこと「コンコンコン(クンクンクン)はギル。バスなら15cmもあれば掛かるよ」ということ。「なんだギルなのか」となぜかホッとしたが、良く考えればバスには見切られているということだ(全然ホッとしている場合ではない)。

 「できるだけボートを離して狙うといいよ。これでもまだ近いくらいだから」と前田プロは自分の乗るボートを指して教えてくれた。その後前田プロ&せバ姉妹のボートは離れていったが時折「フィシュ!」「やったやった」との歓声が聞かれた(葦の向こう側からなので違う人達だったかも知れません)。


 一段と風が強くなり、11時もすぎたので帰路に着いたところで何十回かめのアタリが..、「ググッ」ときたのでBASSだと思ってあわせるが、水面に姿をみせたのはギルだった(ようやくのフッキング)。当然ギルのサイズはいつもの野池よりデカイく、自己ベスト更新(笑)...。

 この後もカットテールをキャストし続けるが、結局BASSには出会えず。風はさらに強くなってきて、ボートをコントロールするのでせいいっぱいとなり、12:00過ぎに帰着。こうして西の湖初挑戦は終了した。



この大会、バスを釣り上げたのは57人中27人。優勝は51cmでした。前田プロと湖上で話せたのはラッキーでした。今度はもっとレベルの高いアドバイスをしてもらえるよう、これから腕をあげなければ(笑)...。


ウェイインの様子

 

このときにみたあのデカバス

今度は手にしたいです。


ボートで動いた距離はたったこれだけでした..。

広い。

トム・ソーヤ

TEL:0748-34-6115

http://www.tom-nishinoko.com/



home


THIS SITE IS PRODUCED BY NISH! B / M

logo-bass