Make your own free website on Tripod.com

バスフィッシングツアー情報


野池 BASS 2001年 

真夏(7〜8月) 

38cm

2001/7/1 (SUN)  PM 2:05 

サイズよりも

ズッシリとした重さが印象的!

#GARY 4'SENKO RED

いい天気になったので
お昼から4インチセンコーのREDを試しに行きました。

最初は前回のパターンで
イモグラブ(WATERMELON)で
シェードを狙ったが反応なし。

SENKO(RED)にかえて
アシからすこし離れたところにキャストして
1〜2m程度リトリーブしたところで静かにグイッときました。

またしてもまぐれあたりでした...。
しかし今回は重みを楽しみながら
冷静にキャッチできました(堪能)。

狙わないときの方が
いいサイズがきますね...。


38cm

2001/8/18 (SAT) PM 6:15

キレイな色のBASS

JUMP!スゴかったです

これは狙って釣りました。

#GARY 4'GRUB WATERMELON

(imoGRUB)


イモグラブ8月

最近小バスばかり釣っていたので

久々に大きいのを狙ってみようと出かけた。

仕事が終わったので

7月に38cmを釣った野池へ直行、

夕刻5:40に最初のキャストとなった。

先日買った

いかにも釣れそうな

サワムラBULLETをキャストするが反応なし。

だんだん向かい風が強くなってきて

飛距離が伸びない。

シェード、アシ横を攻めたあと、

前回のポイント近くにキャスト!

ゆっくりとリトリーブするが反応なし。


ワームをいつものGARY4'のイモグラブにかえ

再びシェード、アシ横を狙うが反応なし。

こちらの方が沈みがよくゆっくりと引きやすい。

ときどきクルックルッと速く巻いてみるが

これにもBASSの気配なし。


辺りをひととおりキャストして

狙いの前回のポイントへ強めにキャスト!

パシャっといい感じで水が飛び散った。

風の強い時はわざと強く着水した方がいい時がある。

そのまま静かにしずめて

ゆっくりとリトリーブ。

しばらく引いたところでコツというアタリが!

すぐに巻きあわせをするが重みはのらず。

そのまま また沈めて 

ちょこッと引くと

グイッという明確なアタリがきた!

再び巻きあわせでしっかりとフッキング!

手ごたえあり!


バラすものかと思い

何回かグイッグイッと力を掛けながら

巻き続けると

水面で2回3回とジャンプ!

すぐにグググツと潜りだす。

チリチリとドラグの音が聞こえる。

(今回は結構冷静だったのかも)

ググ ググと潜りながらも

なんとか足元まで寄せきて

ラインテンションをかけながら

膝まづいてハンドランディング。


あまりに元気なので

楽に40cmアップかと思いきや

なんと前回と同じく38cm!。

キレイな薄い色のBASSでした。


今回は狙ったポイントで色々工夫して釣れたので

嬉しかったです。

このあと

買ったばかりの3インチセンコーを試すと

20cmくらいのBASSがヒットしました...。

本当はサイズアップを狙ったのですが...。

やっぱりBASSフィッシングは奥が深いですね。

home


THIS SITE IS PRODUCED BY NISH! 2 0 0 1