Make your own free website on Tripod.com

バスフィッシングツアー情報


■ 2001/12/1  河口湖 

河口湖に遠征しました。

Black-BASS @ Lake Kawaguchi

#GARY CUT-TAIL WORM SMOKE


ロイヤルワンドの夕暮れ..遠くには富士山



久々のK*BASS!

後ろの白い建物がホテル

 

 10月〜11月と遠ざかっていたバスフィッシングを再開。久々ということもあり気分一新で河口湖へと向かった。初日は移動を中心に考え、富士山を眺めてドライブをしてPM4:00頃に河口湖に到着。ロイヤルホテルに宿をとった。

 夕方に30分ほど「ロイヤルワンド」でキャストをしてみるが、BASSの気配はなし。あっという間に日没となり温泉に入って就寝..。今回はBASS釣り以外にも温泉やら遊園地やらショッピングやら豊富にオプションを付けての釣行であった。

 翌日はAM5:30に早起きして日の出前のキャストを狙っていたが、あえなく寝坊。ゆうべ調子にのって何回も露天風呂につかっていたせいか、目が覚めたのは7:00頃だった。タックルの準備をしてロイヤルワンドに向かうとすでに人だらけ..。さすがは河口湖!と感心。

 ロイヤルワンドでは砂地に沿ってぐるりと人が立っており、すでにハイプレッシャーの様子。砂地側はあきらめて、人のいない道路側のゴロタ石護岸でキャストを開始!!

 ここは河口湖だ!とは思いながらも、いつもの野池のように護岸際のアシに沿ってノーシンカーをキャスト。ワームの色はスモークをセレクト。自分の右手側を護岸にそってリトリーブしていると、なんとルアーをさけるようにBASSの群れがこちらにやってきて目の前を通り過ぎていった。中には足元でステイしているBASSもいる。うーん見切られてるなあ..。

 ルアー慣れしているならばと..すこし派手なアクションで喰わせてみようとノーシンカーワームをトゥイッチさせてみる。「おー来た!」。トゥイッチさせていたのでアタリを感じる前に重みがのって、そのままひきよせてランディング。20cmくらいのコバッチ−だが三年振りの河口湖BASS!(写真)。感激。

 その後ワームをSENKOなど色々と変えてみるが、次にヒットしたのも先程と同じワーム。やっぱり浮力のあるスモーク系がいいみたい。30分くらいたつと、さらに人が増えてきて、護岸側も5m毎に人が並ぶ様に..。いくらメジャーポイントとはいえ、この人の多さには耐えられず移動。 


溶岩帯付近



河口湖BASSは色が黒い






 
ホテルで朝食をとって、無料駐車場のある溶岩地帯へ移動。なぜかここには人がいない。アルミボートは数台浮いている。

 ここでも野池流にまずは岸辺のオダ際にキャスト! ピシ、ピシとアクションをつけて引いてくるが反応なし! 続いて水中にうっすらとみえる大きな岩の脇にノーシンカーを沈めるが反応なし。その後じっくりとステイさせながらキャストをくりかえすがアタリもない。

 ワームGARYのカットテールにかえ、溶岩帯の先っぽに向けてキャスト!狙いどおりに岩の裏側まで届いたのでゆっくりリトリーブしはじめたところでアタリが! 感触はククッという感じではなくてフワッと感じ。そのまま巻きあわせをすると岩の向こう側でバシャっと水を割る音がしてBASSが登場。グイグイと引き寄せながらしっかりとフッキングさせて引っこ抜くようにランディング!

 かなり重かったので楽に30cmアップかと思ったが計ってみると26cm。ズッシリとした筋肉質のBASSだった。なぜかこの日のバスは写真を撮ろうとすると尻尾をグイとよじってしまうのでした(これ河口湖バスの特徴?)....野池バスは釣り上げるといつもヘターっと伸びるのに..。

野池BASSをみなれていると黒いバスは新鮮!

いまさらですが確かにこれは"BLACK"*BASSですね。

 


実はこの釣行の数日前に

ロイヤルワンド周辺でBASSの放流があったようでした。

偶然そこのホテルに泊ったのは運が良かったということでしょうか。

これから放流情報は事前にチェックですね。

ちなみにこの日はJBバスプロの面接もやってたようです。

KARILにもよってきました。



久々の河口湖バスは3匹。約2時間での釣果でした。

その後は富士急ハイランドで絶叫し、

御殿場のアウトレットモールでショッピングをして帰りました。

こういうBASS釣りもたまにはいいですね。


home


THIS SITE IS PRODUCED BY NISH! B / M

logo-bass