Make your own free website on Tripod.com

バスフィッシングツアー情報


野池秋のパターン

− 知多半島 野池 秋(99/10)−

他のエリアの野池BASSERの方も攻略の参考に...。


10月に入り気温が下がってきた。

いつもの野池もすっかり減水しかなりハードに...。

これまでの夏パターンでは通用しなくなったこの野池で

はたして今月は何匹のBASSにあえるのだろうか!


10月はパターンの変わり目!

10月に入り気温が下がってきた。

愛知用水につながるこの野池もすっかり減水。

とたんにウイードが邪魔になって、

いつものアシ場も攻めにくくなってしまった。

夏場の必殺メソッド ノーシンカー + マスバリ 

もこの減水では全くお手上げ。

ノーシンカーで届く範囲は水深が10cm以下に..。

ウイードがひっかかって釣りにならない。


夏場TOPで絶好調だった夕方(18:00〜20:00)は

かなり寒くなってきて調子悪い...。

10月になって

とたんにパターンが変わったみたい。


知多半島 野池 減水中

それでもTOP

あきらめきれず。とりあえずTOPは試してみる。

日によっては*夕方19:00頃に反応がある日も!


*例えばこんな日:

 日中暖かくて、やや風のある日の夕方、

 フッと、数分間風が止んだ時など...。

 風が止んでる間にかなりの確率でくる!!

 ポッパーで一度止めて、動き始めるとき。

減水の時こそ新ポイント

10月初旬のパターン

パターンを変えてみようと早起き。

アシ場のシャローをあきらめ、

野池に沿って森の中を奥へ奥へと進む。


あるある。

減水で水際が後退し

今までキャスト不可能だったところにも

足場ができた。


降りてみると、岸に沿って5mくらい先に

水中にクイが立ってるのが見える。

ウイードを気にして

マスバリをやめ、3号オフセットフックにして

ノーシンカーをキャスト。


シャパ!っとなめらかな着水と同時に

スウッとラインが横に走ってすぐさまフッキング!

絵にかいたような状況で1匹GET!

このあとは同じく岸際ストラクチャー*を狙って

3匹のBASSをGET。


WORM : ZOOM C-TAIL WATERMELON


切り株の横からでできたBASS

WORM : PROBITE SMOKE


*例えばこんな場所:

 切り株などのストラクチャー。

 岸際にあるものなら

 かなりの確率で1投目のキャストでヒットする。

 コツはすこし離れたところにキャストすること。

 真横なら1〜2m。

 ストラクチャーの向こう側なら

 50cm〜1mくらいがベスト!


WORM: GARY senko(半分にCUT)

バランスのよい引き締まったBASS

ターンオーバー??

体育の日前後

急に寒くなってきたせいか

水面が粘っこい。

アクが浮いているようで

池全体が息苦しそう。

ノーシンカーワームも

水面にはりついてお手上げ!

他の誰も釣れていない様子。

ターンオーバーと同じ現象では??


スライダーワーム クリアレッド!

下旬になると岸際ストラクチャー攻めが好調!

朝/夕方は寒いので

日中15:00前後にでかけることに...。

ノーシンカー + オフセットフック が有効

フォール中にバイトする確率高い!


森の奥に入り見つけたシャローのアシ場で、

スライダーワームのクリアレッド*で2匹。

前回良く釣れたZOOMのウオーターメロン

試すが今日は反応なし。

再びスライダーワームのクリアレッドに戻すと

とたんに1匹。

結局この日釣れたBASS4匹は全部クリアレッドにヒットした。

スライダーワーム 1袋240円 うーんあなどれない。


*SLIDERWORM CLEARRED

*SLIDERWORM CLEARRED


結局10月は20匹前後のBASSをGET!

日没は17:00ころと早くなり夕方は釣りにくくなった。

ノーシンカー + オフセットフック が10月の最強メソッド!

フォール中にバイトするパターンが多かった。

減水には戸惑ったが

新しいストラクチャーを見つけたことは大きな収穫に。

この野池まだまだ色々と試してみる価値あり!

home


THIS SITE IS PRODUCED BY NISH!SINCE1997

logo-bass